サウンドの再生

あらかじめサウンドファイルをプロジェクトに追加しておきます。

サウンド再生の準備

ファイルの先頭で

@import AVFoundation;

BGMの再生

プロパティとしてAVAudioPlayerのオブジェクトを作成しておく。

@property (nonatomic, strong) AVAudioPlayer * musicPlayer1;

BGMを再生したい箇所に以下を記述。

NSError *error;
NSURL *url1 = [[NSBundle mainBundle] URLForResource:@"filename1" withExtension:@"caf"];
self.musicPlayer1 = [[AVAudioPlayer alloc] initWithContentsOfURL:url1 error:&error];
self.musicPlayer1.numberOfLoops = -1;
[self.musicPlayer1 prepareToPlay];
[self.musicPlayer1 play];

ここではBGMのファイル名をfilename1.cafとしています。

BGMの停止

[self.backgroundMusicPlayer stop];

アクションを使ったサウンド

アクションを使ってサウンドの再生

[self runAction:[SKAction playSoundFileNamed:@"filename2.caf" waitForCompletion:NO]];

アクションを使ったサウンドの事前の読み込み

シーンのクラスのプロパティとしてSKActionのオブジェクトを定義しておいて、

SKActon *_sound2;

シーンの初期化部分でアクションを作成

_sound2 = [SKAction playSoundFileNamed:@"filename2.caf" waitForCompletion:NO];

サウンド再生のアクションを追加したい場所で、

[sprite1 runAction:_sound2];